Ecogreen Clean Teknologi

IP評価とは何ですか?侵入保護

次のプロジェクトに照明器具を指定する場合は、IPレーティングを考慮する必要があります。しかし、イングレスプロテクションとは正確に何であり、どのIP評価が提案されている照明器具に必要なのでしょうか?エコグリーンでは、IP評価について知っておくべきこと、そして自信を持って次の照明仕様をナビゲートするのに役立つ情報を満載したブログをまとめました。

侵入保護とはどういう意味ですか?

すべての電気機器は、固体や液体などの汚染物質の侵入に対して提供される抵抗のレベルを決定するためのテストを受けます。適切にテストされると、製品にはIPレーティングが与えられ、これは国際電気技術委員会のシステムである侵入保護を表します。国際保護コードまたは単に国際保護と呼ばれる場合があるIP評価は、製品が侵入または固体および/または液体に対してどれほど耐性であるかを示すグローバルスタンダードです。

どのような標準が侵入保護をカバーしていますか?

入力保護を詳述する規格はBS EN 60529:1992 +A2:2013+ コリエンダム:2019、これはヨーロッパと世界の他の地域のための同等の標準の英国版である。国際的に認められた標準として、照明器具はどこからでも供給することができ、購入者は照明がこれまたは同等の安全基準に準拠すると確信することができます。
各IP定格には、継ぎ手に入る固体(ダスト)や液体(水)に対する保護レベルを提供するコードがあります。

機器の入力保護はどのように表示されますか?

入力保護では、2 桁のコードの’IP’ 定格を使用し、最初の桁は 0 ~ 6 の数値として指定され、固体オブジェクトからの入力に対する保護レベルが確立され、2 桁目は 0 ~ 9 の数値として指定され、水分の侵入に対する抵抗レベルが確立されます。オプションのレターと補助文字を追加して、詳細については、以下を参照してください。

入力保護のための追加の文字や数字はありますか?

コードの最後に、危険な部品へのアクセスに対する人の保護の程度を示すために、追加のオプションの文字を追加することができ、そのようなアクセスが最初の数字で示されるよりも高いレベルにある場合、または最初の数字が「X」値として与えられている場合にのみ使用する必要があります。

追加の補足書簡も例外的な場合に追加され、実施された追加手順を明確に記載した安全基準および製品基準に準拠するものとします。

入力保護の数字と文字は何を意味しますか?

一般的に、保護要件が厳しければ高いほど、その数は高くなります。標準は、対応する数を満たすために必要な保護とコンプライアンスのテスト方法を定義します。2 つの数値のそれぞれは、異なるテスト手順を必要とします。オプションおよび補足文字の場合、これらは標準内で詳細に説明されている場合にのみ使用されます。

入力保護テーブル

次の簡単な説明を持つ固体物体の進入に対する保護の最初の桁の特性:

IP0XNon-protected (No rating supplied for protection against ingress of this type)
IP1XProtected against solid foreign objects of 50 mm ∅ and greater (Accidental hand contact with open palm)
IP2XProtected against solid foreign objects of 12,5 mm ∅ and greater (Accidental finger contact)
IP3XProtected against solid foreign objects of 2,5 mm ∅ and greater (Tools and wires)
IP4XProtected against solid foreign objects of 1,0 mm ∅ and greater (Fine tools and wires, nails, screws, larger insects and other potentially invasive small objects)
IP5XDust-protected (Ingress of dust is not totally prevented, but dust shall not penetrate in a quantity to interfere with satisfactory operation of the apparatus or to impair safety)
IP6XDust-tight with no ingress of dust (Full protection against dust and other particulates, including a vacuum seal, tested against continuous airflow)

次の簡単な説明を持つ固体物体の進入に対する保護の最初の桁の特性:

IP0XNon-protected – (No rating supplied for protection against ingress of this type)
IP1XProtected against vertically falling water drops (Vertically falling drops or condensation shall have no harmful effects, sufficient that no damage or interrupted functioning of components will be incurred when an item is upright)
IP2XProtected against vertically falling water drops when enclosure tilted up to 15° (Vertically falling drops shall have no harmful effects when the enclosure is tilted at any angle up to 15° on either side of the vertical)
IP3XProtected against spraying water (Water sprayed at an angle up to 60° on either side of the vertical shall have no harmful effects)
IP4XProtected against splashing water (Water splashed against the enclosure from any direction shall have no harmful effects) (Protection against splashing water from any direction, tested for a minimum of 10 minutes with an oscillating spray with limited ingress permitted and with no harmful effects).
IP5XProtected against water jets (Water projected in jets against the enclosure from any direction shall have no harmful effects) (Protection against low-pressure jets of 6.3 mm of directed water from any angle with limited ingress permitted and with no harmful effects)
IP6XProtected against powerful water jets (Water projected in powerful jets against the enclosure from any direction shall have no harmful effects) (Protection against powerful jets from a 12.5 mm nozzle directed water from any direction)
IP7XProtected against the effects of temporary immersion in water (Ingress of water in quantities causing harmful effects shall not be possible when the enclosure is temporarily immersed in water under standardized conditions of pressure and time)
IP8XProtected against the effects of continuous immersion in water (Ingress of water in quantities causing harmful effects shall not be possible when the enclosure is continuously immersed in water under conditions which shall be agreed between manufacturer and user but which are more severe than for numeral 7)
IP9XProtection against extended immersion under higher pressure of greater depths (Precise parameters of this test will be set and advertised by the manufacturer and may include additional factors such as temperature fluctuations and flow rates, depending on equipment type)
Protection against high-pressure, high-temperature jet sprays, wash-downs or steam-cleaning procedures (The test is made with a stream of hot water and shall be at a temperature of 80 ± 5°C or for high pressure and cold water jet sprays where the water for the test shall be at a temperature of 15 ± 10°C)

 

侵入保護が重要なのはなぜですか?

入力保護は、ほこり粒子や水が継手に侵入する可能性がある環境内で照明器具を安全に使用できるため、時間の経過とともに継続的な動作に影響を与える可能性があるという意味で非常に重要です。これにより、お客様は、インストールするアプリケーションに適した照明器具を購入する際の自信を得ることができます。

IPX の評価とは何ですか?

IPX評価の使用は入力保護の完全に有効な解決策ではないが、値は広くIP定格内で「X」の使用は、IP6Xでの「X」の使用は、水のレベルが空白のままで、ほこりに必要な保護のレベルが「6」であることを示す照明部門内で広く使用されています。これは、水の侵入からの保護が無関係であることを意味するものではありませんが、ほこりに対して「6」と述べることで、これは自動的に水の侵入に対して何らかの抵抗を与えます。要件が IPX5 と言われた場合、これは水に対する保護のレベルを「5」と示し、ほこりに対するレベルは空白のままにします。水のためのIPX5の進入保護を備えた付属品はまた塵の進入に対してある程度の保護を提供する。どちらの場合も、「X」とマークされた数字は、ほこりや水に対する保護の特定の要件を持たない場合は、Xが配置されている場所に応じて。

高いIP評価は常に良いですか?

一般的に、数値が大きいほど保護レベルは高くなりますが、IP66 や IP67 など、必ずしもそうであるとは限りません。どちらもほこりの侵入に対して同じレベルの保護を備えていますが、水に対する保護に関しては、IP66は強力なウォータージェットに対する保護を提供しますが、IP67は一時的な浸漬に対する保護を提供します。

したがって、IP66フィッティングは水のジェットに対する保護を提供するように設計されていますが、一時的な浸漬に対する保護を提供することはできませんが、IP67フィッティングは一時的な浸漬に対して保護が与えられるが、強力なウォータージェットに対する保護を提供することができない可能性があります。推奨されるオプションは、アプリケーションを慎重に検討し、照明器具に仕様を一致させる方法です。アプリケーションの特定の要件を満たさない可能性があるため、最高レベルの保護を受け入れるだけではありません。

ecogreen ip65